抗火石とSW1水による高速・高品質な木材乾燥技術

木材乾燥といえば、「低温乾燥」「高温乾燥」「真空乾燥」などの手法がありますが、乾燥時間が長期に渡ったり、ランニングコストが高いなどの問題があり、やむなく乾燥炉を閉鎖したり手放す業者様が多いのが現状です。
澤本商事では、この現状打破のお手伝いとして、「改質水乾燥」をご提案いたします。
細かく活発な改質水「SW1水(SWはSuper Waterの略)」の過熱水蒸気と、蓄熱・保温・遠赤外線効果を持つ天城抗火石のダブルパワーで、乾燥時間を大幅に短縮し、ヒビやねじれの少ない高品質な木材を作り出すオリジナルの技術です。

改質水乾燥のメリット
改質水乾燥の乾燥炉

木材乾燥(改質水乾燥)の流れ

木材乾燥(改質水乾燥)の流れ

改質水と抗火石を用いた木材乾燥の結果

様々な木材を改質水を使った乾燥炉で乾燥させたところ、以下のような結果が出ました。
SW1水をと抗火石を使った木材乾燥は、乾燥時間の短縮とコスト削減で生産性UPのお手伝いをいたします。

木材乾燥の結果

さるすべり

: 1,000mm
長さ
: 2,500mm
厚さ
: 80mm
乾燥期間 通常2ヶ月 矢印 2週間
含水率 60〜70% 矢印 15%

米松

: 200mm
長さ
: 4,000mm
厚さ
: 150〜200mm
乾燥期間 通常1ヶ月 矢印 1週間
含水率 40〜45% 矢印 7〜8%

米ヒバ

: 52mm
長さ
: 4,000mm
厚さ
: 38mm
乾燥期間 通常10日 矢印 3〜4日
含水率 10〜40% 矢印 10%

: 150〜200mm
長さ
: 4,000mm
厚さ
: 45mm
乾燥期間 通常10日 矢印 3〜4日
含水率 40〜70% 矢印 10%

ボイラーのコスト(燃料費)について

ボイラーで使用する燃料の量ですが、通常1週間で2トンの使用が一般的ですが、改質水乾燥炉を使用する場合は、2週間で2トンです。
乾燥期間を短縮できるだけでなく、加熱コストも抑えられるのがポイントです!

SW1水と抗火石について

SW1水

SW1水(SuperWater1水)について

「SW1水」は、通常の水を写真の造水器を通すことで作られますので、市販はされておりません。造水器の中には天城抗火石が入っており、その天城抗火石の中には、無数の小さい穴(500ミクロン〜5ナノ)が空いており、その穴を水が何度も通ることで、自己加圧(マイクロバブル)が加わり、水分子の動きが活発な水になります。微細な丸い粒子となるため、滑らかで浸透しやすい水になるのが特徴です。

抗火石

抗火石について

乾燥炉の壁面を埋め尽くすのは「天城抗火石」です。
抗火石は、マグマの熱で黒曜石が溶かされ、急冷して出来たもので、多孔質のガラス状天然セラミックスとなっています。主成分は金属鉱物の結晶で、外力により特定の振動周期を持つ性質があります。
乾燥炉の中では、SW1水の振動と浸透を助け、蓄熱、保湿、遠赤外線の効果を発揮することで、木材の割れや歪みを防ぎ、高品質でスピーディな乾燥技術の一翼を担っています。

対応木材・対応可能用途

対応木材・対応可能用途

対応木材と用途について

日本の材木(松、杉、ヒバなど)の他に米松、米ヒバなど、様々な種類の木材を乾燥させることができます。
また、家屋の建材用、家具用、生活用品用など向けに、高品質な木材を造ることができます。

乾燥炉を再稼働させたい方、倉庫を活用したいへ

動いてない乾燥炉を再稼働させたい方、広めの倉庫を活用したい方は、SW1水と抗火石を用いた木材乾燥を運用してみませんか?
導入から運用までを大門システムズ様と技術提携して、丁寧にサポートいたします。
まずはお気軽にお問い合わせください。

澤本商事へのお問い合わせ

ページトップ